漢方薬治療

漢方薬には2千年の歴史があり、その間、あらゆる生薬の組み合わせが人体で試され、効果があるものだけが残ったのが現代の漢方薬です。

漢方薬というと、何か得体の知らない薬、ゆっくり効いてくる薬、だと誤解されている方が多いと思いますが、患者さんの状態に合った漢方薬が使えた場合、即効性があったり、劇的な効果がでることもあります。例えば感染症の場合、西洋薬が病原菌そのものを攻撃するのであれば、漢方薬は免疫力を高めることで病気に打ち勝つというイメージです。西洋薬にはない効果を期待できます。

また、西洋薬は、病態に対して処方されるため、原因不明の病態には処方できません。一方、漢方薬は症状に対して処方をするため、西洋薬では救えなかった患者さんに対応できるのです。当院では、西洋薬を中心に処方はしていますが、漢方薬の処方も併せて行っています。

漢方薬のブログ記事