ブログ

ブログトップ > スインプロイク錠について

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (46)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

スインプロイク錠について

2017年6月7日に発売されたスインプロイク錠ですが、当院でも何例か処方し、今のところ良い感触をもっています。

スインプロイク錠は消化管のオピオイド受容体に結合して、オピオイド鎮痛薬に拮抗することで、オピオイドによる便秘症を治療します。
この薬のポイントは中枢のμオピオイド受容体には作用しないことで、これによって、オピオイドの鎮痛効果を減弱させることなしに、便秘を治療できます。

いままでは、オピオイドによる便秘症には、大腸刺激性下剤(ラキソベロン、プルゼニドなど)と浸透圧性下剤(酸化マグネシウムなど)を組み合わせるしかありませんでした。
スインプロイク錠によって新しい選択肢が増えましたし、作用機序を考えると本剤の方がより根本的な治療になると思われます。

用法用量は、オピオイドの量に関わらず1日1回1錠(服用時間は何時でもよい)と分かりやすいです。

MRさんによれば、すでに酸化マグネシウムを内服している場合は、併用すると良いようです。それで下痢になってしまった場合は、酸化マグネシウムを止めます。

また、麻薬に限らず、弱オピオイド(トラムセット、トラマールなど)との併用もできますので、便秘のため処方できなかったトラムセットを処方できるようになれば、慢性疼痛患者さんへの応用も可能だと思います。

注意点など

※オピオイドの投与が止まった場合は、本剤も止めます。
※脳腫瘍などで血液脳関門が働かなくなっている場合は、脳に作用してしまい、オピオイドの鎮痛効果を減弱させるため使用できません。

(投稿者:斉藤 揚三)