ブログ

ブログトップ > パーキンソン病 少しずつ減薬すれば良くなる!

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (28)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

パーキンソン病 少しずつ減薬すれば良くなる!

『パーキンソン病 少しずつ減薬すれば良くなる! ブックマン社 中坂義邦』

筆者は神経内科医で、横浜で神経内科のクリニックを開業されています。自らを「減薬医」と名乗っており、とても潔いです。

本書によれば、神経内科領域でも薬剤の多剤併用・加療投与による薬害が起こっており、減薬によって症状が改善した症例が多数載っています。

症例をみると、筆者は、高齢者のパーキンソン病では、内服薬はレボドパ(せいぜい400mg/日まで)、アマンタジン(シンメトリル®)、ロチゴチン(ニュープロパッチ®)の少量投与程度にしているようです。

当院でもできるだけ減薬する治療方針としており、本書の方針に賛同します。

本書を力にして、さらなる減薬に取り組んでいきたいと思います。

(投稿者:斉藤 揚三)