ブログ

ブログトップ > ビスホスホネート薬の長期投与

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (39)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

ビスホスホネート薬の長期投与

骨というのは代謝していて、破骨細胞が古い骨を壊し(骨吸収)、骨芽細胞が新しい骨を作っています(骨形成)。

ビスホスホネート薬は骨吸収を抑制する薬剤です。

骨形成はそのままで骨吸収を抑制するので骨は丈夫になります。

つまり、骨形成と骨吸収の差を利用するのがビスホスホネート薬です。

その差が骨折抑制効果として表れるのは、投与後1年たってからと言われています。(そのため一度始めたのであれば、最低1年は継続します)

長期で使っていると、徐々に骨形成も抑制されてきて、骨吸収と骨形成の差がなくなり、骨密度の上昇が頭打ちになってきます。

そのため、長期でビスホスホネート薬を使っていると効果がなくなってくるのです。

一般的には使い始めてから5年で一度、継続するかどうかを検討しなおさなければなりません。

また効果がなくなってくるどころか、長期で使っていると、非定形大腿骨骨折という有害事象が生じる可能性があります。

次回は非定形大腿骨骨折について書きます。

(投稿者:斉藤 揚三)