ブログ

ブログトップ > 新型コロナウイルスはマスクで防げるのか

カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (45)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

新型コロナウイルスはマスクで防げるのか

新型コロナウイルスが中国で猛威をふるっていて、連日ニュースで騒がれているせいか、日本でもマスクの買い占めが起こり、マスクが品切れになったり、高値で転売されたりしています。

そもそも、マスクをつけることによって、新型コロナウイルスは防げるのでしょうか?

結論から言うと、市販のマスクではフィルターの目が粗く、またマスクと肌との間に隙間もあるので、ウイルスの侵入を防げません

もしマスクをつけることで新型コロナウイルスを防ぐのであれば、「N95マスク」というマスクをつけなければなりません。N95マスクは直径0・3マイクロメートルの粒子を95%以上除去する防じんマスクです。

しかしN95マスクを装着すると、息苦しく、マスクをつけながら日常生活を送ることは困難だと思われます。感染した人に接触しなければならない医療従事者がN95マスクをつけることは意味があるでしょう。

市販のマスクをつけて意味があるのは、すでに感染した人です。感染した人が、唾液などの飛沫を周囲にまき散らさないためにつけるのにはいいです。

また、武漢のように、すでにだれに感染したのかもわからないくらいに感染が拡大している状況であれば、自覚症状のない感染者がウイルスをまき散らさないように、全員がマスクをすることに意味があります(本来であれば感染者にのみつければいいのですが、誰が感染者かわからないので全員につけてしまえという考えです)。

しかし、日本では感染している人はわずかで、他人にうつす心配もありませんし、そもそもマスクに予防効果はありません。2重の意味で、「新型コロナウイルスが怖いからマスクをつける」というのは意味がありません。

マスクは自分を守るものではなく、相手を守るためのものです。

誤った考えによって、マスクの買い占めや転売などを行うことは止めてもらいたいです。そういったことで本当にマスクが必要な人(感染した人)に行きわたらなくなり、感染は拡大します。

感染していない人は、マスクをつけるよりも、人混みを避け、手洗いをして、栄養をしっかり取って、よく寝た方が予防としてはよっぽどいいです。

(投稿者:斉藤 揚三)