ブログ

ブログトップ > 在宅医療における体重測定の意義

カレンダー

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2022 (29)
  • 2021 (50)
  • 2020 (50)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (139)

在宅医療における体重測定の意義

体重測定は、立てる方であれば容易に行うことができ、体重を測りその経時的な変化をみることで、多くの事を知ることができるので、非常に重要であると考えています。

体重が減ってきているのであれば、老衰の過程かもしれませんし、悪性腫瘍が背景にある可能性もあります。

体重が増えている場合は、心不全が増悪している可能性があります。

心不全で入院する患者さんは、入院の約30日前から徐々に体重が増加し、1週間前から急激に体重増加がみられるという論文があります↓
Chaudhy Sl, et al. Patterns of weight change preceding hospitalization for heart failure.Circulation.116(14):1549-54,2007

 

当院では、心不全で入院歴がある方には、少なくても週1回は体重測定をするようにお願いしています。その上で、「1週間で2kg以上体重が増えた場合には連絡してください」と伝えています。

とある施設さんでは、訪問診療時にこのようなバイタルサインの表を見せてくれます。しっかり体重測定がされていて、とても参考になります。

 

この施設さんのように、体重もバイタルサインに含めるべきだと考えます。

当院では、一人暮らしで自分で体重が測れない方には、訪問診療時に体重計を持っていって測ることもしています。

(投稿者:斉藤 揚三)