ブログ

ブログトップ > 大転子部2度褥創の症例

カレンダー

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2023 (4)
  • 2022 (31)
  • 2021 (50)
  • 2020 (50)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (139)

大転子部2度褥創の症例

症例:90代女性

歩行が困難になり訪問診療が開始されました。初診時、右大転子部に2度褥創がみられました。

家族の介護力を考えると、連日の処置は難しいのではないかと判断しました。

あえて処置は指導せず、マットレスを低反発マットレスに変更することだけにしました。(トイレ時のみシルバーカーで歩行するとのことだったので、ベッドに座ることができるように、エアマットレスにはしませんでした。)

42日後ですが、まったく処置をしなかったにも関わらず、褥創は上皮化しました。この間、ほぼ寝たきり状態のADLに変化はありません。

褥創治療において、体圧管理がいかに重要であるかを示すために載せてみました。

(投稿者:斉藤 揚三)