ブログ

ブログトップ > 小池都知事の謝罪

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (39)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

小池都知事の謝罪

「約束守れていない」小池知事、築地業者に謝罪

東京・築地市場(中央区)の移転問題で、小池百合子都知事は17日、同市場を訪れ、移転先となる豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策が不十分だったとして業者に謝罪した。

 小池知事は、水産卸売業者や水産仲卸業者など約150人が集まった市場の講堂で、「残念ながら(有害物質を環境基準以下にする)無害化が達成されていないのは事実。皆様との約束を現時点で守れていないことについて、都知事としておわびを申し上げる」と述べ、頭を下げた。

 都は豊洲市場開場の条件として、2010年3月の都議会で、「土壌が無害化され、安全な状態になっていることが前提」と説明。11年2月にも、「無害化とは、土壌はもちろん地下水中の汚染も環境基準以下になること」と強調していた。

読売新聞 6/17(土) 13:49配信

小池都知事になって迷走を続けた築地市場の豊洲移転問題ですが、遅きに失した感がありますが、ようやく収束に向かおうとしているのはなによりです。
小池都知事は、豊洲が無害化できていないことを謝罪したとのことですが、すでに豊洲が科学的に何ら問題がないことは明らかになっています。
小池都知事が謝罪すべきなのは、豊洲に風評被害をもたらしたこと、10か月間の迷走により、豊洲の維持費と業者の保障にすでに100億円超の金銭上の損失が生じていること、環状2号線の工事がストップしオリンピックの開催に影響が生じていることです。謝罪のポイントが巧みにずらされています。
結局、小池都知事の人気取りのパフォーマンスのために、ただただ混乱が生じただけだったのです。それに乗っかていたマスコミも同罪です。
これからもこういった、中身がなくパフォーマンスに終始する政治家(政治屋)が出現すると思われますが、その場の空気に流されることなく、物事を論理的に考え、騙されないようにするしかありませんね。

(投稿者:斉藤 揚三)