ブログ

ブログトップ > 当院で処方する痛み止めについて

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (38)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

当院で処方する痛み止めについて

当院で処方するNSAIDsの95%がセレコックスです。残りの5%くらいがモービックです。

訪問診療で診ている患者さんのほとんどが高齢者のためロキソニンは処方していません。
ロキソニンは切れ味は良いですが、その分副作用が強くでる印象があり、高齢者には怖くて処方できません。
セレコックスはCOX-2選択的阻害薬なので、胃に優しく使いやすいです。
注意点としては、セレコックスが体質的に合わない方がたまにみられ、ひどい皮疹がでるような方もいることです。
その場合は、すぐに中止しなければなりません。
モービックは、1日1回の処方で済ませたいときに、たまに処方することがあります。

しかし、基本的な方針としては心不全、腎不全がある方にはNSAIDsは極力処方しないようにしています。処方するにしても漫然と処方することは避け、できるだけ短期間の使用に留めるようにしています。

NSAIDsを使いづらい方が痛みを訴える場合にはカロナール(アセトアミノフェン)を処方しています。
カロナールは副作用が少ないので使いやすいです。
カロナールは痛みをとる場合には、1回あたり600~1000mg使わないといけないと言われています。しかし、高齢者では1回あたり300mgでも良い人もいます。

現在、500mgの錠剤が出ているので、当院でも処方することも多いですが、大きいため高齢者では飲めない方も多いです↓
無題
その場合はカロナール細粒50%1gを処方しています。
カロナールの処方の注意点としては抗炎症作用はほとんどないので、炎症が起こっている病態(痛風、偽痛風、関節リウマチなど)には使いづらいことです。

(投稿者:斉藤 揚三)