ブログ

ブログトップ > 皮下点滴が医療従事者に受け入れられない理由

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (38)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

皮下点滴が医療従事者に受け入れられない理由

当院では、終末期の患者さんをよく診ていますが、食事が摂れなくなって点滴が必要になった場合、皮下点滴を多用しています。

在宅での皮下点滴の方法

皮下点滴があまりにいいので、今では末梢点滴をすることはほとんどなくなりました。

しかし、医療従事者が家族にいると、なかなか皮下点滴を受け入れてくれません。

おそらく皮下点滴は、何十年も前に行われた、すたれた医療手技だと思われているのでしょう。経験もしたことがないのだと思います(一度経験してもらえれば、良さが分かります)。

一方、医療知識のない家族の方が、先入観がないので、当たり前のように皮下点滴を受け入れてくれます。

これは、傷に対する消毒・ガーゼと同じ構図だと思います。

医療従事者はなかなか消毒・ガーゼの治療をやめられませんが、一般の人の方が、湿潤治療を受け入れてくれます。

パラダイムシフトは、専門職ではなく一般人に広まったときに起こることは、歴史が証明しています。

(投稿者:斉藤 揚三)