ブログ

ブログトップ > 表皮剥離創の治療例

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (39)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

表皮剥離創の治療例

症例:98歳 女性 グループホーム入所中 高度認知症あり ADL全介助車イスレベル

引っ掻いたのかぶつけたのか、右前腕の表皮剥離を受傷。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

攝子を用いて可及的に皮膚を戻します。この症例は受傷から2日経っていましたが、何とか戻せました。傷の角ばったところを目印にして、剥離した皮膚をパズルのように合わせます。ポイントは血液や浸出液を利用して剥離した皮膚を伸ばすことだと考えています。室内で受傷した傷で汚くなければ、必ずしも洗浄は必要ありません。この症例でもそうですが、洗浄すると痛みで暴れることが予想されます。
受傷から時間が経っていて、剥離した皮膚が乾燥している場合は戻せないことがあります。その場合は、皮膚を切除しなければなりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステリストリップを貼り、その上から大きめの絆創膏でドレッシングします。ステリストリップは傷が治ってもはがさず、自然にはがれるのを待つように指導します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受傷後2週。傷を引っ掻かないようにフィルムが貼られていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受傷後4週。ほぼ治癒しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 (投稿者:斉藤 揚三)