ブログ

ブログトップ > 訪問診療時のバックの中身

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (28)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

訪問診療時のバックの中身

今回は、私が使っている、訪問診療時のバックの中身を紹介します。
往診用のバックというものも売られていますが、なかなか良いものが見当たりません。
そのために自分で工夫しました。
訪問診療では、机がないところで診察しなければならないことがあるため、バックがパソコン台を兼ねていることが望ましいです。さらにバックは軽ければ軽いほど良いです。
そこで、クーラーボックスの中に自作の台を入れました。
自作の台はクーラーボックスのサイズに合わせて、ホームセンターで買った軽量の木とアルミを切って作っています。

↓左が自作の台 右がクーラーボックス
securedownload2

中にいれると土台となり↓
securedownload3

ノートパソコン(電子カルテ)を置くことができます↓
securedownload4

クーラーボックスの中には↓のようなものを入れています。
securedownload1

①プリンター
Canon PIXUS iP110
小型のプリンターです。処方箋や紹介状をプリントアウトします。
②ポケットエコー
GE Vscan dual probe 
非常に軽く、起動も早いので在宅医療に適しています。表在エコーも使えるので、エコーガイド下注射もできます。
③パルスオキシメーター
ニプロ マイティサット
高価ですが、感度が良いので使っています。
④血圧計
テルモ エレマーノ血圧計
⑤デジタルカメラ
皮膚疾患などは、積極的に撮影し、電子カルテに保存しています。
⑥体圧計
パームQ 
体圧が50mmHgを越えると褥瘡ができやすくなるので、褥瘡リスクが高い人の体圧を測定しています。
⑦聴診器
⑧ジップロックの中に、ニッパー、ライト、ペンライト、体温計、打腱器、角度計、メジャーなど。
⑨おしりふき(ウエットティッシュとして)
診察後に、おしりふきで手や聴診器などを拭いています。
⑩今日の治療薬
⑪定規、ハンコ、朱肉
死亡診断書を書く際に使用します。
⑫クリアファイルに書類など

(投稿者:斉藤 揚三)