ブログ

ブログトップ > 風邪に葛根湯を処方する?

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (28)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

風邪に葛根湯を処方する?

風邪に対する漢方薬として有名なのは葛根湯です。

しかし、漢方薬は病名に対して使うのではなく、その人の体質や状況に合ったものを選ばないといけません。

葛根湯は「体力が中等度以上で、風邪の引き始めでゾクゾク寒気がして、汗をかいていない方」に使うと良いと言われています。

風邪で病院を受診した場合、すでに風邪を引いてから時間が経過しており、葛根湯を使うタイミングからズレていることが多いです。

また、当院は高齢者を中心に診ていますので、「体力が中等度以上」に高齢者は当てはまらないので、葛根湯を処方することはまずありません。

当院では、高齢者の風邪には麻黄附子細辛湯を処方することが多いです。

高齢者の風邪について

風邪にどの漢方薬を選べばよいのかは、過去のブログ記事「井齋偉矢先生の風邪の講演のまとめ」を参考にしてみてください。

かぜ・インフルエンザと漢方治療

葛根湯は、僧帽筋の筋緊張緩和に効果があるので、風邪ではなく肩こりに処方するのが良いと考えています。

過去に、交通事故後の難治性のいわゆる「むち打ち症」に葛根湯を処方し、完治した症例を経験したことがあります。

(投稿者:斉藤 揚三)