ブログ

ブログトップ > 高齢者の表皮剥離創の治療について

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (29)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

高齢者の表皮剥離創の治療について

高齢者の皮膚は非常に脆く、ちょっとしたことで表皮剥離や内出血が起こります。

在宅医療をしていると、縫合が必要な傷というのはほとんどなく、ほとんどがテープ固定で対応できます。

症例 87歳 女性

入所中の施設の外で転倒し、左前腕の表皮剥離創を受傷しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外での怪我であっため、創内に砂が混入していました。水道水で中の砂を可及的に除去。
そして、皮膚をできるだけ元の位置に戻しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステリストリップを貼り、その上に大きめの絆創膏でドレッシングしました。絆創膏はよごれたら交換で良いです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受傷2週間後の状態です↓皮膚は生着しほとんど治っています。念のためフィルム保護としました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受傷5週間後の状態です↓ほとんど痕はありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

消毒やガーゼなどは一切不要です。
受傷から時間がたってしまうと、皮膚を元の位置に戻せないことがあるので、できるだけ早い処置が望ましいです。
皮膚を戻さなくても、湿潤療法をしていればいずれ治りますが、時間はかかりますので、できるだけ受傷後に皮膚を元の位置に戻すのがポイントです。
抗生剤の内服も不要です。

(投稿者:斉藤 揚三)