ブログ

ブログトップ > 80歳代男性 転倒を繰り返す症例

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (35)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

80歳代男性 転倒を繰り返す症例

症例:80歳代男性

既往歴:脳梗塞

在宅医療に至った経緯:徐々に廃用が進行し、毎日のように転倒を繰り返しており、通院が困難なため当院の訪問診療が依頼された。

初診時の状況:意思疎通は可能ですが、やや眠そうに話していました。話を聞くと、前医でリリカOD錠75mg 2錠 分2 が処方されてから、ふらつきと転倒を繰り返しているとのことでした。

リリカはおそらく腰痛に対して処方されたものと思われましたが、そもそもリリカは腰痛に適応はありません。また、高齢者に150mg/日は多すぎます。

ふらつきと転倒、傾眠はリリカの副作用と考え、リリカは徐々に減量し、1カ月後に中止しました。

また、体のいたるところに水疱が見られました。皮膚科にも通院していましたが、よく診てもらえず、皮膚の状態も良くならないのでので、こちらで治療してほしいとのことでした。

水疱性類天疱瘡と診断し、プレドニン10mg、ニコチン酸アミド10%2g、シナール配合顆粒4gを処方しました。

現在初診から4カ月程度経過していますが、動きが良くなったため、訪問入浴を中止し、自宅の風呂に入れるようになりました。

皮膚状態も改善し、水疱は色素沈着を残すのみとなりました。

(投稿者:斉藤 揚三)