ブログ

ブログトップ > 

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2021 (17)
  • 2020 (50)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)
ブログトップ

エンレスト錠の講演会 »

2021.02.05

2021/2/4 栗原中央病院循環器内科 矢作浩一先生の「エンレスト錠の様々な使用経験からの考察~50症例を踏まえて~」というWeb講演を受けました。 講演は、心不全の考え方と治療方法、エンレスト錠の機序と文献的な考察、 … “エンレスト錠の講演会” の続きを読む

めまいがハイドロリリースで改善? »

2021.01.27

「後頚部圧痛、複視、めまいを呈し後頚部のハイドロリリースにて改善する症候群」が報告されました。 症例では、頭半棘筋、大後頭直筋のハイドロリリースをしています。 後頭下筋群と外眼筋は共同的に働いており、後頭下筋群にコリが生 … “めまいがハイドロリリースで改善?” の続きを読む

ビニールカーテン »

2021.01.22

訪問診療をしている介護施設のいくつかに、入口に飛沫感染防止のためのビニールカーテンが設置されているところがあります。 そこでは、ビニールカーテンを暖簾のようにしてくぐって施設内に入ることになります。 「感染予防には意味が … “ビニールカーテン” の続きを読む

心不全の診断・治療がすぐに出来る様になる心不全の分類 »

2021.01.21

『心不全の診断・治療がすぐに出来る様になる心不全の分類』というYouTube上の講義がとても分かりやすく勉強になりました。 講義では、一貫して、「医療レベルは分類力で決まる」と述べられています。分類のための分類ではなく、 … “心不全の診断・治療がすぐに出来る様になる心不全の分類” の続きを読む

エルデカルシトールによる高カルシウム血症について »

2021.01.16

2020年10月にPMDA(医薬品医療機器総合機構)から「エルデカルシトールによる高カルシウム血症と血液検査の遵守について」という文章が配布されました。 このような文章が配布される背景には、エルデカルシトールによる高カル … “エルデカルシトールによる高カルシウム血症について” の続きを読む

高齢者の薬の量の調整について »

2021.01.12

高齢者は腎機能が低下している方が多く、腎臓で代謝される薬を内服した場合、薬の血中濃度が上がってしまうため、腎機能によって薬の量を調整する必要があります。 腎機能低下時に最も注意の必要な薬剤投与量一覧 日本腎臓病薬物療法学 … “高齢者の薬の量の調整について” の続きを読む

明けましておめでとうございます。 »

2021.01.01

明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 昨年は、新型コロナウイルスに振り回された一年になりました。 幸い、当院の診療には影響はでませんでしたが、今後の状況は不透明です。 どのような状況になっても、 … “明けましておめでとうございます。” の続きを読む

長野県医師会の会報誌に取り上げられました。 »

2020.12.28

宮城県医師会の「盛夏随想」コーナーに投稿した文章が、長野県医師会の会報誌『長野医報』に取り上げられました。 以前のブログにも掲載しましたが、本文はこちらになります(「スーパーボランティア」尾畠春夫さんに学ぶ | 在宅療養 … “長野県医師会の会報誌に取り上げられました。” の続きを読む

在宅医療の風景(田舎の雪道) »

2020.12.18

栗原市でも、ここ数年は降ったことのないような大雪が降っています。 よく通る道もまるで別世界のようです。 病院勤務時代は病院内の業務が主体だったので、1年中同じような気温(室温)で生活していました。 当然、季節感を感じるこ … “在宅医療の風景(田舎の雪道)” の続きを読む

高齢者に対するモビコール配合内用剤の使用経験 »

2020.12.14

浸透圧性下剤としては酸化マグネシウムを処方し、特に問題は感じていませんでしたが、昨今、高マグネシウム血症の問題が言われるようになってきています。 ※血清マグネシウム濃度と症状  血清Mg濃度(mg/dL) 症状 4.9~ … “高齢者に対するモビコール配合内用剤の使用経験” の続きを読む