ブログ

ブログトップ > PPIの副作用

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (29)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

PPIの副作用

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は胃酸の分泌を抑える胃薬です。
この薬のおかげで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者数が劇的に減少したのですが、だらだらと長く内服するのは危険な薬でもあります。
胃酸の分泌が減ることで様々な弊害が起こるようです。
以下にPPIの副作用を列挙しておきます。

・腸管感染症(Clostridium difficile 感染症、サルモネラ感染症、カンピロバクター感染症)が増える

・肝硬変患者で肝性脳症や特発性細菌性腹膜炎が起こりやすくなる

・肺炎が増える

・貧血が増える

・下部消化管障害(小腸粘膜障害、顕微鏡的大腸炎=慢性下痢の原因)を起こす

・胃がんが増えるかも

・骨粗鬆症、骨折が増える

・認知症、頭痛、腎障害

こんなに副作用があるのかとびっくりしてしまいます。
当院ではなるべく漫然と処方しないようにしているのですが、健常者を対象とした研究ではPPIを4週間内服し中止後、44%で胃酸関連症状を発症していたという報告もあり、一度やめても再開せざるえないこともよくあります。

また、60歳以上では6割程度しか消化性潰瘍の痛みが現れないようで、PPI中断で潰瘍ができても分かりにくいので(出血で発症する)、超高齢者、認知症患者さんではPPIを安易にやめない方が良いとも言われています。

やめる方法としては①漸減法(隔日にするか半量にする)②中止し症状が出たら頓服で内服するという2つの方法があるようです。

(投稿者:斉藤 揚三)