ブログ

ブログトップ > 漢方薬

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (38)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)
カテゴリー:漢方薬

抑肝散 処方の際の注意点 »

2020.01.21

認知症の行動・心理症状(BPSD)に対して、漢方薬の抑肝散が効くことが知られており、当院でもよく処方しています。 しかし、BPSDがあれば、なんでもかんでも抑肝散を処方すればよいわけではないので注意が必要です。 抑肝散は … “抑肝散 処方の際の注意点” の続きを読む

風邪に葛根湯を処方する? »

2019.12.24

風邪に対する漢方薬として有名なのは葛根湯です。 しかし、漢方薬は病名に対して使うのではなく、その人の体質や状況に合ったものを選ばないといけません。 葛根湯は「体力が中等度以上で、風邪の引き始めでゾクゾク寒気がして、汗をか … “風邪に葛根湯を処方する?” の続きを読む

鼻涙管閉塞症に対する漢方薬治療 »

2019.10.18

鼻涙管閉塞症:涙は鼻涙管を通って鼻腔へと流れ込みますが、何らかの原因で鼻涙管が閉塞してしまうと、常に涙が出て止まらなくなります(これを流涙と言います)。 治療は、物理的に鼻涙管を開通させることですが、鼻涙管に金属の棒を通 … “鼻涙管閉塞症に対する漢方薬治療” の続きを読む

在宅診療に役立つ漢方診療 »

2019.03.31

糖質制限推進派Drであるたがしゅう先生がYouTubeで「在宅診療に役立つ漢方診療」の講演をupしています。 在宅医療に従事している方はぜひ見てみて下さい。 講演の中で、「漢方薬は病名ではなく症状に対して処方できるので、 … “在宅診療に役立つ漢方診療” の続きを読む

がん患者さんの口内炎の治療について »

2018.04.11

がん患者さんは、抗がん剤や放射線治療などにより、口内炎(口腔粘膜炎)ができやすい状態になっています。 口内炎の治療はというと、一般的に軟膏や痛み止めなどになりますが、効果はいまひとつです。 今回は、当院が勧める2つの治療 … “がん患者さんの口内炎の治療について” の続きを読む

こむら返りに芍薬甘草湯 »

2018.01.24

こむら返りに用いる漢方薬で有名なものに芍薬甘草湯があります。 あまりにも有名なために、普段漢方薬を処方しない先生であっても、こむら返りの第一選択薬として処方されることが多いです。 こむら返りがおきている時に内服すれば、5 … “こむら返りに芍薬甘草湯” の続きを読む

寝たきり高齢者の便秘時の漢方薬 »

2018.01.17

井齋偉矢先生の漢方薬の講演の中で、最近は特養に入所しているような高齢者の便秘には桃核承気湯(とうかくじょうきとう)が喜ばれるので、麻子仁丸(ましにんがん)から桃核承気湯に変えているというお話がありました。便秘に対する漢方 … “寝たきり高齢者の便秘時の漢方薬” の続きを読む

抑肝散の介護者同服 »

2018.01.15

抑肝散はもともと小児の夜泣きやひきつけなどに使われていましたが、その応用で、最近は認知症の高齢者のBPSDに対してよく使われるようになりました。 抑肝散には「子母同服」という飲ませ方があり、これは子供が夜泣きをしていると … “抑肝散の介護者同服” の続きを読む

冷えに麻黄附子細心湯 »

2018.01.11

冷えに対して処方される漢方薬で一般的なものに、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)という、舌を噛んでしまうくらい長い名前の薬があります。 井齋偉矢先生の漢方薬の講演の中で、最近平熱の低い人が … “冷えに麻黄附子細心湯” の続きを読む

のどの痛みに漢方トローチ »

2018.01.10

井齋偉矢先生の漢方薬の講演の中で、咽頭の炎症に、ツムラ桔梗湯を水に溶かして水薬にして咽に5秒以上馴染ませる含み飲みを推奨するとありました。それが苦手な人にはOTC(一般用医薬品)で桔梗湯トローチがあるとのお話もあり、自分 … “のどの痛みに漢方トローチ” の続きを読む