ブログ

ブログトップ > バイオアベイラビリティ

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (38)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

バイオアベイラビリティ

バイオアベイラビリティとは、服用した薬剤が全身循環に到達した割合を示した値です。

経口抗菌薬のバイオアベイラビリティを以下に記載します。

ペニシリン系 サワシリン 74-92%、オーグメンチン 75%

第1世代セフェム系 ケフレックス 90%、ケフラール 93%

第3世代セフェム系 メイアクト 16%、セフゾン 20-25%、バナン 46%

ニューキノロン系 クラビット 98%、アベロックス 90%

他に、クラリス 50%、ミノマイシン 90%、バクタ 90-100%

となっています。
つまり、第3世代セフェム系抗菌薬は内服してもほとんど血中に入らない=内服しても意味がない薬です。

意味がないどころか、①低濃度で広域にカバーするため耐性化の問題があり、②Clostridium difficileによる腸炎を起こしやすいと言われており、③小児では稀にカルニチン欠乏による低血糖、痙攣、脳症を起こすことがあります。

つまり、経口第3世代セフェム系抗菌薬のフロモックス、メイアクト、セフゾン、バナン、トミロン、セフテム、セフスパンは処方してはいけない薬です。

傷の処置後に処方すべき抗菌薬は、ケフレックスかケフラールです。
(皮膚軟部組織感染症の原因のほとんどが、黄色ブドウ球菌か溶連菌といったグラム陽性菌で、グラム陰性菌をカバーしグラム陽性菌への抗菌活性が第1世代に劣る第3世代セフェム系の使用は理にかなっていません。バイオアベイラビリティも低いですし。)

(投稿者:斉藤 揚三)