ブログ

ブログトップ > 熱中症対策にポカリスエット?

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (39)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

熱中症対策にポカリスエット?

炎天下の中「ポカリ50円」の自販機 工事現場への思いやりが話題に 「熱中症対策自動販売機」設置の英断
無題

夏本番。建設現場で働く作業員にとって、熱中症対策は不可欠です。そんな中、ある建設現場の自動販売機の写真がツイッターで話題となっています。「熱中症対策自動販売機」と題したその自販機では、ポカリスエットをなんと50円で販売。作業員からも「助かる」と評判の取り組み、事業主として設置した大和ハウス工業によると、炎天下で働く作業員をサポートしようと、今夏から関東の約20現場に配置。現場事務所の所長は「口頭で注意喚起するよりも効果がある」と手応えを感じています。

with news 8/10(木) 9:44配信

熱中症対策にポカリスエットとのことですが、ポカリスエットを飲むと、甘すぎて、甘さが口の中に残り気持ちが悪くなります。
ポカリスエットのペットボトル1本500ml中の糖質量は31gだそうです。糖質31gというのは角砂糖8個分に相当する糖質量となります。
熱中症対策に必要なのは水分と塩分なので、糖質は必要ありません。ポカリスエットが甘いのは医学的な理由ではなく、甘くないと売れないからだと思われます。

そこで、熱中症対策に水に塩を溶かして飲むことをお勧めします。
水1Lにつき塩を3gを目標に入れます。(好みの問題ですが、塩が多いとまずいという人が多いです。そのためまずくなく飲める程度に入れるのが現実的かもしれません。)

塩はミネラル分が豊富な「ぬちまーす」をお勧めします。

また風味付けにレモンやライムを絞るか、グレープフルーツジュースを少量入れると飲みやすくなります。

・・・ということを書いてきましたが、水の味付けを工夫するより、「味噌汁(1杯で食塩 約2g)」を飲んで、あとは喉が渇いたときにひたすら「ただの水(または甘くないお茶)」を飲むのが一番いい方法です。

(投稿者:斉藤 揚三)