ブログ

ブログトップ > 足趾の潰瘍の症例

カレンダー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2022 (3)
  • 2021 (50)
  • 2020 (50)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)

足趾の潰瘍の症例

症例:90代女性。寝たきりで施設入居中。

糖尿病でインスリン使用中。90代ということもあり、HbA1cは7,8%台程度でコントロールしていた。

左第3趾基部に潰瘍ができました。通常であれば切断術の適応になるかもしれませんが、年齢やADLを考え、保存的に治療しました。

足底にはチアノーゼがみられ、原因として血流障害(閉塞性動脈硬化症)も関係していると判断し、アンプラーグ(抗血小板薬)を処方しました。

糖尿病、血流障害、低栄養(血清アルブミン2.6)があり、治癒は難しいのではないかと思われましたが、湿潤療法を続けました。

約半年後、完治しました。

(投稿者:斉藤 揚三)