ブログ

ブログトップ > 創傷治療

カレンダー

2022年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2022 (29)
  • 2021 (50)
  • 2020 (50)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (139)
カテゴリー:創傷治療

痛みのない傷の処置を目指して »

2022.07.02

当院では、褥創や傷を洗浄する際には水道水で良いと考えてますが、より痛みが生じないように、生理食塩水で洗うことを推奨しています。 生理食塩水は血漿浸透圧と同等な浸透圧を持ち、組織に対する刺激が少ないためです。 病院でよく行 … “痛みのない傷の処置を目指して” の続きを読む

低温熱傷の感染例 »

2022.05.27

症例:90歳台男性 電気毛布による左下腿外側の低温熱傷。湿潤療法を開始。 7日後。創部から膿が出て痛みもあるとのことで再診。創部を中心に疼痛・発赤・腫脹あり、創感染と診断。 エコーでは、皮下組織は腫脹し、筋膜上に滲出液( … “低温熱傷の感染例” の続きを読む

足趾の潰瘍の症例 »

2022.01.11

症例:90代女性。寝たきりで施設入居中。 糖尿病でインスリン使用中。90代ということもあり、HbA1cは7,8%台程度でコントロールしていた。 左第3趾基部に潰瘍ができました。通常であれば切断術の適応になるかもしれません … “足趾の潰瘍の症例” の続きを読む

裂創の難治症例 »

2021.06.01

90代女性。施設入居中。左下腿前面の裂創を受傷。施設の判断で湿潤療法をしていたが良くならないとのことで、受傷後2週間くらい経ってから相談がありました。 鑷子で創内をさぐってみると、黄色い丸の部分のえぐれた皮膚が皮下にめり … “裂創の難治症例” の続きを読む

足背の低温熱傷の症例 »

2021.05.28

80代女性。湯たんぽで左足背の低温熱傷を受傷しました。 すでに、ハイドロコロイド被覆材が貼られていました。 2週間後の診察時に、「火傷がひどくなった」と言われました。これは火傷が深くなったわけではなく、最初から深かった火 … “足背の低温熱傷の症例” の続きを読む

表皮剥離創の整復法 »

2021.03.04

症例:80代男性。転倒し左肘の表皮剥離を受傷。受傷3時間後に診察。 一見すると、表皮が欠損しているように見えます。 しかし、よく観察すると、黄色い丸の部分に表皮が丸まっていることが分かりました。鑷子を用いて表皮を引っ張っ … “表皮剥離創の整復法” の続きを読む

表皮剥離創の治療例② »

2020.11.09

症例:80歳代 男性 ポータブルトイレに移る際に転倒。右前腕に2か所、表皮剥離創あり。高齢者は皮膚がもろいので、ちょっとしたことで剥離してしまいます。 剥離した皮膚を攝子でできる限り元に戻し、表皮接合用テープで固定しまし … “表皮剥離創の治療例②” の続きを読む

救急ばんプラスモイスト »

2020.02.10

プラスモイストは創傷被覆材としてとても優れています。 プラスモイストは、傷の浸出液を適度に吸収し、傷を乾燥させず、湿潤治療ができる材料です。湿潤治療とは、傷が早く、きれいに治る治療法です。 使い方としては、傷の大きさに合 … “救急ばんプラスモイスト” の続きを読む

ハイドロコロイド包帯のススメ »

2019.11.22

擦過創や褥創などで、創が浅く、浸出液がそれほど多くない場合、ハイドロコロイド被覆材はとても重宝します。 特に顔面の傷などは、素材が肌色のため、目立たず使いやすいです。 さて、市販で買えるハイドロコロイド被覆材で有名なのは … “ハイドロコロイド包帯のススメ” の続きを読む

表皮剥離創の治療例 »

2019.01.28

症例:98歳 女性 グループホーム入所中 高度認知症あり ADL全介助車イスレベル 引っ掻いたのかぶつけたのか、右前腕の表皮剥離を受傷。 攝子を用いて可及的に皮膚を戻します。この症例は受傷から2日経っていましたが、何とか … “表皮剥離創の治療例” の続きを読む