ブログ

ブログトップ > ポリファーマシー

カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (38)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)
カテゴリー:ポリファーマシー

パーキンソン病 少しずつ減薬すれば良くなる! »

2019.12.10

『パーキンソン病 少しずつ減薬すれば良くなる! ブックマン社 中坂義邦』 筆者は神経内科医で、横浜で神経内科のクリニックを開業されています。自らを「減薬医」と名乗っており、とても潔いです。 本書によれば、神経内科領域でも … “パーキンソン病 少しずつ減薬すれば良くなる!” の続きを読む

減薬の一例 »

2018.12.17

症例:82歳 女性 既往歴:認知症、高血圧、便秘症、不眠症 当院初診までの経過:グループホームに入所しながら、近医に通院していた。H30.8中旬頃~急激にADLが低下(それまでは排泄が一部介助、食事は自立、手引き歩行でき … “減薬の一例” の続きを読む

老衰からの復活! »

2018.07.05

症例:96歳女性 既往歴:アルツハイマー型認知症、狭心症、慢性心不全、高脂血症、右大腿骨転子部骨折術後 当院初診までの経過:H30年2月中旬頃から徐々に歩行器歩行が難しくなってきていました。H30年3月末頃より、食欲不振 … “老衰からの復活!” の続きを読む

当院での減薬の1例 »

2018.05.25

症例:94歳 女性経過:平成30年1月に転倒して左肩を骨折してから寝たきり状態となり通院が困難となったため当院の訪問診療を希望された。 平成30年3月から当院の訪問診療が開始されました。初診時の状態ですが、認知症により意 … “当院での減薬の1例” の続きを読む

厚生労働省によるポリファーマシーの指針 »

2018.02.21

薬剤の多剤併用により薬剤有害事象が起きていることをポリファーマーシーといい、社会問題にもなっています。当院ではできるだけ、薬を減らせないかを考えて診療しています。 今日のニュースで、厚生労働省によるポリファーマシーの指針 … “厚生労働省によるポリファーマシーの指針” の続きを読む

「高齢者の薬物療法」の講演 »

2018.02.01

薬剤の多剤併用により薬剤有害事象が起きていることをポリファーマーシーといい、社会問題にもなっています。当院ではできるだけ、薬を減らせないかを考えて診療しています。ポリファーマシーの問題で最も有名な東京大学 秋下雅弘先生の … “「高齢者の薬物療法」の講演” の続きを読む

高齢者「薬漬け」適正指針の記事 »

2017.12.24

12/24の産経新聞の一面(スマートフォンから無料で見ることもできます)にポリファーマシーの医療記事が載っていました。こういった記事によって、ポリファーマシーの問題が一般の方にも広まっていくといいですね。 内服薬が多くな … “高齢者「薬漬け」適正指針の記事” の続きを読む

当院での減薬の1例 »

2017.12.20

薬剤の多剤併用により薬剤有害事象が起きていることをポリファーマーシーといい、社会問題にもなっています。当院ではできるだけ、薬を減らせないかを考えて診療しています。 今回は当院で行った減薬の1例を載せてみます。 症例:87 … “当院での減薬の1例” の続きを読む

薬を一切使わない管理 »

2017.11.10

医学教育の基礎を築いたウィリアム・オスラーは、以下の名言を残しています。 Nickel-in-the-slot,press-the-button therapeutics are no good.You cannot h … “薬を一切使わない管理” の続きを読む

ポリファーマシー »

2017.04.10

One of the first duties of the physician is to educate the masses not to take medicines. -Sir William Osler“臨床 … “ポリファーマシー” の続きを読む