ブログ

ブログトップ > 整形外科

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のブログ記事

カテゴリー

月別アーカイブ

  • 2020 (30)
  • 2019 (42)
  • 2018 (87)
  • 2017 (140)
カテゴリー:整形外科

がんロコモ »

2020.07.13

第93回日本整形外科学会学術集会 オンライン学術集会 2020/7/12 アフターヌーンセミナー がんロコモ -整形外科のニューフロンティアー 河野博隆 帝京大学整形外科主任教授 がん患者さんの運動器の問題として、①がん … “がんロコモ” の続きを読む

変形性関節症に対するサインバルタの処方について »

2020.06.19

デュロキセチン(商品名:サインバルタ)は抗うつ薬ですが、2016年12月に「変形性関節症(OA)に伴う疼痛」にも適応が拡大されました。 それによって、整形外科でもサインバルタが処方されるようになりました。 抗うつ薬である … “変形性関節症に対するサインバルタの処方について” の続きを読む

膝関節注射の方法 »

2020.06.16

私が行っている膝関節注射(ヒアルロン酸注射)の方法について解説します。 ①膝は伸展位とします。伸展位では、膝蓋骨が動くようになるので注射するスペースができます。 ②膝蓋骨の位置を指で触って確認します(写真の〇)。 ③膝蓋 … “膝関節注射の方法” の続きを読む

テリボン皮下注28.2μgオートインジェクター »

2019.12.18

骨粗鬆症治療剤 テリボンの新剤形である『テリボン皮下注28.2μgオートインジェクター』が発売されました。 今回発売されたのは、週2回の製剤で、在宅自己注射ができる製剤です。 今までのテリボンは週1回の製剤で、診察時に注 … “テリボン皮下注28.2μgオートインジェクター” の続きを読む

分子標的薬時代の関節リウマチ手術 »

2019.12.16

『分子標的薬時代の関節リウマチ手術 中外医学社』 この本は、関節リウマチ手術の手術書です。 共著ですが、学生時代の友人が半分くらいを書いたとのことで、印税が少しでも入るように買ってみました。友人は上肢の項目を執筆していま … “分子標的薬時代の関節リウマチ手術” の続きを読む

RS3PE症候群の症例 »

2019.10.07

症例 70歳女性 H30年冬から全身の痛みあり、整体や温泉に通うも良くならず、近くのクリニックを受診。その後、病院の整形外科に紹介され、頚髄症の診断で手術が施行された。術後リハビリを受けたが、自宅退院は難しく施設に入所。 … “RS3PE症候群の症例” の続きを読む

大腿骨近位部骨折の手術に対する整形外科医のジレンマ »

2019.02.12

大腿骨近位部骨折は高齢者によく起こる骨折の一つですが、高齢化に伴って、大腿骨近位部骨折を起こす方の人数も年々増えてきています(2012年約18万例)。 大腿骨近位部骨折は、手術をしないと歩行ができず、多くが寝たきり状態に … “大腿骨近位部骨折の手術に対する整形外科医のジレンマ” の続きを読む

在宅医療におけるエコーガイド下膝関節穿刺 »

2018.10.30

訪問診療の際に、左膝を痛がり、左膝関節が腫れている患者さんがいました。 エコーを見ながら、膝関節穿刺をしました。 プローブは膝蓋骨の頭側に置きます。膝蓋上嚢に貯留した関節液である低エコーのスペースがみえます。平行法で穿刺 … “在宅医療におけるエコーガイド下膝関節穿刺” の続きを読む

在宅医療におけるPTH製剤の使い方 »

2018.09.19

当院ではPTH製剤を在宅医療でも使っています。在宅医療におけるPTH製剤の使い方について書いていきます。 PTH製剤とは、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone;PTH)を間欠的に注射することで、骨形成 … “在宅医療におけるPTH製剤の使い方” の続きを読む

大腿骨近位部骨折の保存療法 »

2018.05.18

高齢者が増加するにつれて、高齢者に発生することが多い大腿骨近位部骨折を受傷される方の数も増加しています。 大腿骨近位部骨折は一般的に手術となるのが普通ですが、全身状態が悪かったり、もともと歩いていない、認知症で脱臼肢位が … “大腿骨近位部骨折の保存療法” の続きを読む